2023年12月から2024年3月末までの4か月間、当館のさらなる利便性、快適性の向上のため大規模修繕工事を実施しております。
2024年4月、OICC Rebornという考えのもとリニューアルオープンし、お客様により一層ご満足いただける空間を提供してまいります。
新たに生まれ変わる大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)へぜひお越しください。

(視察・予約・問合せはこちら

メインホール・特別会議場・レストランがグレードアップ

5階メインホール -世界最高峰の音響設備の導入-

世界有数の音響メーカーのL-Acoustic社のスピーカーを導入します。メインホールの座席位置に関わらず、格段にクリアになったサウンドをお楽しみ頂けます。

L-Acoustic
フランスのプロ仕様のオーディオメーカー。同社はプロ仕様オーディオの最高峰であるパーネリ賞などの国際的な賞を多数受賞しており、世界中の劇場やコンサートホールなどで採用されています。

音響設備の更新に加え、1階席の座面とカーペットを一新し、ゆったりとした心地よい空間に生まれ変わります。

メインホール

メインホールの工事風景

12階特別会議場 –高級感あふれるハイグレードな演出-

特別会議場のみに取り付けられたドアハンドル(黒川紀章オリジナルデザイン)に焼付塗装を施します。開業当初のシャープな質感と華やかな色味をお楽しみ頂けます。

壁面の吸音板は新品に取り替えスマートな印象に。さらに室内には毛足の長いタイルカーペットに張替え、靴底からも重厚感を感じていただき、より洗練された特別な空間を演出します。

12階特別会議場ドアノブ

12階特別会議場作業風景

12階レストラン・グラントック–建築デザインが際立つ洗練された内装-

レストラン・グラントックでは床カーペット等を一新することで世界的建築家黒川紀章のデザインと地上80mの開放的な景色を存分にお楽しみいただけます。落ち着きがある洗練された空間でホテルの味を堪能ください。
グラントック

10階会議室に可動間仕切りを設置

1008会議室と1009会議室が連結できる仕様になります。2つの会議室を一体利用した場合は250~500名の収容ができます。また可動壁により分割利用も可能となり、利用スタイルが広がります。
10F会議室

音響設備等も充実

音響機器の更新

12階特別会議場には世界有数の音響メーカーJBL社のスピーカーを更新します。JBL社のスピーカーは導入垂直方向の指向性を制御して必要な場所に音を届けることができ、ドーム型の残響の多い空間でもクリアなアナウンスをご提供いたします。
イベントホール・メインホール・1001-1003会議室にはYAMAHA製デジタルミキシングシステム(音響機器)やSHURE製デジタルワイヤレスマイクを導入し、音質向上を図ります。

5G通信設備の整備

NTTdocomo及びauのご利用者様は、特別会議場、メインホール、イベントホールでは、5G通信をご利用いただけます。

多機能トイレの自動ドア化

ユニバーサルデザイン推進のため、お客様のご利用される多機能トイレの自動ドア化をすすめております。